特殊能力追加チュートリアル 予備知識編

特殊能力追加をやってみたいけど、何を調べたらいいのかすら分からない

という人のための特殊能力追加講座です。特殊能力追加のやり方のを簡単にまとめました(当店比)。長文うぜえ読みたくねえ、という人は赤字だけでも読んでください。

特殊能力とは?

まずビジフォンのマイショップででソードを検索します。同じ強化値のソードなのに打撃力が違うことがあります。チュートリアル1

 

で、次にタブを切り替えて特殊能力を見てみましょう。この打撃力の違いが特殊能力のせいだと分かると思います。

チュートリアル2

特殊能力をつけることでHP、PP、各種攻撃力、各種防御力、技量、耐性を強化することができます。特殊能力の付いた装備を装備することで、特殊能力の分だけステータスが加算されます。

防具3箇所、武器1つで4箇所の装備があるので、すべてにHPを+60する特殊能力が付いているならば、HPは合計で240も増えます。一つ一つは小さくても、合計すると大きな差になります。

特殊能力追加とは?

「武器の特殊能力追加」も「防具の特殊能力追加」も同じです。特殊能力追加は、本体(特殊能力を付けたい武器・防具)に素材を1~5個消費することで特殊能力を付与します(もしくは付いている特殊能力を変更します)。

簡単のために、特殊能力が一つしか付いていない武器で説明します。*はワイルドカード(どんな特殊能力でもいい)です。

本体武器 *(なんどもいいから、一つ能力が付いている)

チュートリアル4

素材 パワー1

チュートリアル3

本体武器 パワー1

チュートリアル5

本体武器(特殊能力が一つだけ)に、なんでもいいのでパワー1が付いている武器を素材にして特殊能力追加を行うと、、本体にパワー1を付けることができます。この場合は100%特殊能力追加は成功します。

ただし、

本体武器 *

素材 パワー3

本体武器 パワー3

のようにパワー3という能力を付与する場合は、パワー3は成功率が低いので成功率60%となります。基本よい特殊能力ほど付けるのが難しいです。

また、「武器に付けたい能力」が付いた素材を一つ用意すればいいとは限りません。

たとえば、エルダー・ソールという特殊能力が付いた素材を一つだけ使ってもエルダーソールを付けることはできません。

本体武器 *

素材A エルダーソール

素材B エルダーソール

本体武器 エルダーソール

のように、エルダーソールのついた素材を2つ以上使う必要があります。

このようによい能力ほど成功率は下がったり、複数の素材を用意する必要があったりします。

読んでてもなかなかわからないと思うので、とりあえず試しにどんな武器でもいいのでテキトーに特殊能力追加をやってみましょう。マイショップで1050メセタで売られている☆7以下の武器を使うといいでしょう。

ただし素材を3つ以上使うと費用が跳ね上がるので、どうしても必要のあるとき以外はやめましょう。特殊能力追加の費用はしっかり確認したほうがいいです。

よくわからなくてもいいので10回ほどやってから進むと理解しやすいと思います。

特殊能力の種類

1と3以外は今は読み飛ばしても構いません。

1.ステータス系

チュートリアル6

攻撃力。防御力、HP、PPなどを1つだけ上げるシンプルな特殊能力です。基本です。打撃力を上げる「パワー」、射撃力を上げる「シュート」、法撃力を上げる「テクニック」などが代表的です。

ただし、ゲームシステム的に防御を上げても効果は薄いので、防御力を上げる「ボディ」などをつけている人は少数です。耐久力がほしいなら同じステータス系の「スタミナ」でHPを増やす方が効果は大きいです。また、PPを上げる「スピリタ」も人気があります。

2.レジスト系

○○レジストという名前の特殊能力。各属性のレジストは、対応した属性の攻撃を受けた時に受けるたダメージを軽減します。ブロウレジスト、ショットレジスト、マインドレジストは無属性の攻撃の場合にしか効果がありません。

ダーカーの攻撃は多くが闇属性です。このため闇属性の攻撃を軽減するグルームレジストはそれなりに効果はありますが、HPを上げた方がより死ににくくなるので、レジスト系の能力をつけている人は少数派です。理解せずに使わないことをおすすめします。

3.ソール系

チュートリアル7

ソール系の特殊能力は、一つで複数のステータスを強化できます。効果も大きいので、とても重要な特殊能力です。

一つの武器にソール系の特殊能力は1つしか付けることはできません。

4.状態異常系

状態異常系の特殊能力が付いた武器を使って攻撃した際に、敵にバーン、ポイズンなどの状態異常を与えることができます。状態異常が効かない相手も多いため、ある程度状態異常の仕様を理解するまでは付けなくてもいいと思います。

5.フリクト、アルター系

フリクトは攻撃力とPPを、アルターは攻撃力とHPを強化できます。特にフリクト系の特殊能力は素材が高価なので、あまり理解せずに使わないほうがいいと思います。

6.フィーバー系

ソール系と似ています。一つで複数のステータスを強化できますが、一つの装備にフィーバー系の能力は一つしか付けることはできません。

フィーバー系の特殊能力の付与はとても簡単で、代わりにソールよりステータス上昇効果は小さいです。

7.ウィンクリム

各種攻撃力を強化できますが、付与するのは難しいです。

8.ミューテーション

ステータス上昇効果は小さいので、付ける人はあまりいません。ただし、ミューテーションの付いた武器・ユニットを素材にすると、特定の能力の付与の成功率が上がります。こちらの目的でよく使われます。

9.マーク系

  1. マーク・○○という名前の能力です。武器を鑑定した場合にのみ付与されていることがあります。特殊能力追加で付与することはできません。また、マーク系の能力が付いている武器に特殊能力追加を行うと、マーク系の能力は消えます。

他にもいろいろありますが、これだけ知っておけば十分だと思います。

次回:基礎編

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

English-only comments are thrown away (sorry, but this site has many English spam).